So-net無料ブログ作成
検索選択

トランスミッションオイル交換 [バイク]

作業は簡単そうなのに、後回しになっていたトランスミッションオイルを交換しました。

まもなく4年弱なので、交換時期を迎えるのですが、本来は、もっと早くするべきか…?
純正のシーリングワッシャー(たぶん 90474-333-000)が手に入らず、今回は使い回すことにしました。
純正じゃなくてもいいのでしょうが…。(内径8mmのアルミワッシャー)
エンジンをかけて、オイルを温めてから作業に入ります。

ドレンボルトを緩める時に、カバーに、工具が当たるので、外しました。

カバー

六角レンチで3箇所。

汚れて黒くなっているボルト2つの右上側がドレンボルトで、ここからトランスミッションオイルを抜きます。

ドレンボルト

エンジンオイルと同じオイルなのですが、鉄粉が混ざっているのか、グレーがかっていました。

トランスミッションオイル

オイルが抜けたら、ドレンボルトボルトを戻し(13N・m)、右上のチェックボルトからオイルを注入します。

オイル注入

OIL 0.12lなんて書いてあるから、調子にのって120ml入れたら、結構、あふれてきた(笑)
そしたら、交換時は100mlでいいんだとか…。

チェックボルト

少なすぎても、多すぎてもいけないということで、あふれた分は綺麗に拭き取ります。
一応、チェックボルトを一回軽く締め、エンジンをかけて、オイルを温めた後、再度、チェックボルトをあけて、少量のオイルを注入。
また、あふれた分を、拭き取りました。
最後、ドレンボルトと同様に13N・mでチェックボルトを締めて完了です。
本当は、再度開けて継ぎ足さなくてもいいのかも?

乗り心地の変化は、まったくわかりません…。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。